Welcome to Japanese Society for Ochid Sciences
ラン懇話会にようこそ
今月の一枚   

Macodes dendrophila              マコデス・デンドロフィラ

 ニューギニアからソロモン諸島の林の下に生える。葉にきれいな模様があるが、日照が強いと萎びてしまう。芽が伸びると茎の途中から根が出てくる。根は乾きを嫌うため、伸び始めた根をコンポストに入れる。根をさらけ出したままにすると、茎の途中から腐ることが多い。新しい根を大事に育てることがポイントである。油粕などの有機肥料をやりすぎると腐りやすいので、液肥でコントロールするのが無難である。長期にわたって栽培するのは難しいので、種子を採って更新することが必要である。鹿沼土、焼赤玉土、日向土、炭を混ぜたコンポストにプラ鉢で植える。

         撮影,鈴木 和浩 

クリックしてご入場ください

All Rights Reseved,Copyright © Japanese Society for Orchid Sciences 2001 -
本ホームページの画像および文章の無断転載、複写を禁止いたします。
本ホームページに掲載する写真と文章を募集しております。
投稿よろしくお願い致します。
採用の有無は編集委員会で検討させていただきます.